日誌

日誌

給食・食事 令和2年度初の給食でした。

4月8日(水)のメニューは
 麦入りご飯、牛乳、豚肉のしょうが焼き、磯辺和へ
 みそ汁、アセロラゼリー
とってもおいしかったです。「ごちそうさまでした。」
 

NEW 新任式・始業式を行いました。

    4月8日(水)、学校は40日ぶりに再開し、校内が生徒や教師、生徒同士の元気な挨拶や笑い声、会話があちこちで飛び交うなど活気あるスタートとなりました。そんな中、新型コロナ感染症拡大防止のため、再度4/9(木)~22日(水)まで臨時休校が決まった中、新たに18人の先生方をお迎えして、新任式をテレビ放送で行い、令和2年度のスタートを切りました。
 引き続き行われた始業式で、校長先生から次のような話がありました。
①2・3年生に対して、
今こそ自分の命を大切に、そして大切な家族を守ってほしい②3年生に対して、最上級生として学校を引っ張っていきより成長してほしい。進路実現に向け精一杯努力してほしい
③2年生に対して、中堅学年として様々なことに挑戦し力を付けていってほしい。3年生から良き伝統を引き継ぎだり、良き先輩として1年生を面倒見たりするなど活躍してほしい
④最後に、令和2年度のスローガンを発表しました。
 これらのことをいつも心掛けて1年間を過ごしてほしいと思います。

-----------------------------------------
 今年度のスローガン具体目標(生徒指標)
        未来に向け、 

  自主・垂範・創造 そして思いやり
-----------------------------------------
 始業式後、校長先生から主任主事、2・3年の学級担任、部活動顧問の発表がありました。その後、生徒指導主事から「臨時休業中の心得」を基に生活面や健康面について指導しました。(配付文書をご覧ください。)
 令和2年度も、本校の教育目標「学ぶ心」「豊かな心」「助け合う心」の3つの「心」を生徒一人一人にはぐくむため、「チーム姿中」教職員一丸となって充実した教育活動に取り組んでまいります。
 また、本校の教育活動の様子、学校行事、学年行事、各種大会等における生徒たちの活躍等を随時、画像とともに更新していきますので,保護者や地域の皆様には、今後とも本校教育へのご理解とご支援をよろしくお願いします。

  
           校長先生からの式辞
  
  生徒指導主事の話

卒業式

コロナウイルス感染防止対策のため,在校生や来賓が参列しなかったり,全員がマスクをしたままだったり,在校生の笛の代わりに教員によるヴァイオリン・フルート・ピアノの三重奏をバックに卒業生が退場したり,雨のため歓送がなかったりと,異例づくしの卒業式でしたが,245名の卒業生が,楽しい思い出を胸に学び舎を巣立っていきました。
学校長からは,式辞の中で,思いやりの心を忘れずに,夢や目標に向かって頑張ってほしいとの言葉がありました。
   
 
 

3年生を囲む集い

生徒会主催の3年生を囲む集いを,新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,予定されていたアトラクションを中止し,縮小して実施しました。
 
 

学校保健給食委員会

学校医の今野先生,学校歯科医の加納先生ほか地域協議会やPTA役員の皆さんをお招きして,学校保健給食委員会が開催されました。
はじめに,前期保健委員長の小川さんと後期給食委員長の黒崎さんが今年度の生徒会活動報告を行いました。次に江田養護教諭と川出栄養教諭からの実践報告と提案を行いました。
 
  

高校学科説明会

2年生を対象とした,高校学科説明会を行いました。宇都宮南高校,宇都宮白楊高校,宇都宮工業高校,宇都宮商業高校,4校の先生が来校。各学校の特色や普通科・専門学科の説明をしていただきました。
 

1年生保護者会

本日6校時に1年生の保護者会(総合的な学習の時間発表会)を行いました。
1年生の総合的な学習の時間では,「地域に学ぼう」をテーマに,栃木や宇都宮,姿川地区の文化や歴史,イチゴやかんぴょうなどの特産物やゆるキャラなど,各自が思いおもいの追究課題を設定し,図書室の本やインターネットなどを使って追究してきました。今日はその成果をクラスメイトや保護者の前で発表しました。
 

優秀監督賞

昨日,教育会館において,令和元年度の県中体連表彰式があり,柔道部顧問の片岡亮先生が「優秀監督賞」を受賞されました。また,春季大会で総合6位となり,その表彰もありました。 

うれしい電話がありました

先週,地域のご婦人から,「先日,路上で転んでしまったのを2年生の女子が介抱してくれた」との電話をいただきました。さらに,31日には,「3年生の女子が…」との電話も。どちらの生徒も名乗らず行ってしまったとのことで学校にお礼の電話がありました。
ちょっとだけですが,地域の人たちのためになっている姿中生です。