新着情報
日誌

日誌

【PTA】親子奉仕活動

 7月20日(土)のPTA奉仕作業では、夏休み1日目の早朝から、多くの保護者の皆様と子供たちが集まり、校庭の草むしりを行いました。親子のコミュニケーションを図るとともに、学校への愛着の気持ちを育てる良い機会となりますことを願っております。校舎裏には、抜き取った雑草が入ったビニル袋が山のように積み上げられました。ありがとうございました。 

【全学年】夏休み前朝会「思い出に残る楽しい夏休みを・・・」

 7月19日(金)、夏休み前朝会が行われました。校長講話では、4月からおよそ70日間を振り返り、一人一人が大きく成長したことをとてもうれしく思うこと、夏休み中も「たくましく 思いやりがあり よく学ぶ子」を意識して生活してほしいこと、8月 15 日(木)の終戦の日には、地域の偉人である荒井退造さんの生き方から学ぶとともに,「SDGs(持続可能な開発目標)」にある「16 平和と公正をすべての人に」の観点から,世界の平和について考えを広めてほしいことについて、話をしました。続いて、児童指導主任の先生から、夏休み中は、3つの車「救急車、パトカー、消防車」のお世話にならないように健全かつ安全に生活して、8月30日(金)に元気に会いましょう。との話がありました。児童一人一人にとって、思い出に残る楽しい夏休みとなることを願っています。

【6年生】着衣泳

7月18日(木)6年生の水泳学習最終日は着衣泳でした。

服を着た状態でプールで浮く練習をするなど,自分の命を自分で守る方法を学習しました。

「重い!」「気持ち悪い!」と水着との違いを感じ,

何もない状態で浮くときよりも,体の力を抜いたり,ペットボトルを使ったりするほうが

楽に浮くことができると気付きました。

慎重に指示をしっかり聞きながら学習することができ,今年度も事故なく安全に水泳学習をすることができました。

 

 

4年生【総合的な学習の時間】福祉

4年生の総合的な学習の時間では,福祉について学んでいます。

この日は,車いす体験をしました。

二人一組になって,車いすを押す側・乗る側の両方を体験しました。

自分が乗る側になると,目線がいつもよりも低くなること,自分の意に反して車いすが動くと怖いこと,スピードが出ると怖いことなど様々なことに気付くことができました。

また,自分が押す側になると,意識してゆっくり押さなければならないこと,曲がるときに声をかけること,足を載せる台にきちんと足が載っているか確認することなどが必要だということに気付くことができました。

この授業の後,最新の車いすを紹介する動画を鑑賞しました。

キラキラとした表情で「えー!すごーい!」と驚く子どもたちの姿が印象的でした。

夏休み明けには,点字についてや盲導犬について学習する予定です。

子どもたちも楽しみにしているようです。