今週の昭和小

今週の昭和小

わくわくしょうわまつり

 2年生が1年生をわくわくしょうわまつりに招待してくれました。
 自分たちで考えた手作りのゲームを用意し,優しく丁寧にやり方を説明してくれました。1年生も夢中になって参加しており,楽しく交流することができました。

  

  

 

いじめゼロ集会

 いじめゼロ集会がありました。
 高学年の子ども達が中心となって,各クラスで考えた標語を発表したり,ゲームをしたり,歌を歌ったりとみんなで人権について考えました。

    
「いじめゼロ標語の発表」   「ゲームのお手本」   「みんなで自己紹介」

おじいさん・おばあさんとあそぼう集会

 先日,おじいさん・おばあさんとあそぼう集会がありました。
 子ども達は,けんだまやたこあげ,はねつきといった昔の遊びを教えてもらいながら,夢中になって楽しそうに活動していました。
 お礼の会では,感謝の気持ちをこめて「ゆき」「手のひらを太陽に」を歌い,あたたかな会となりました。

     

    

  

山野横断持久走大会

 先日,山野横断持久走が実施されました。業間の練習だけでなく,昼休みや放課後にも自主的に練習していた児童もおり,この日に向けて頑張ってきました。当日は天候にも恵まれ,それぞれの児童が自分の立てた目標に向けて一生懸命走っている姿が見られました。
   

  

冒険活動教室

 5年生が冒険活動教室に行ってきました。厳しい寒さも予想されましたが,自然の中で元気いっぱい活動しました。
  

 食事も食堂に集まり,大勢で楽しく食べました。



  

秋の読書週間

11月は秋の読書週間ということで,図書室で様々なイベントが行われました。手作りの「みっけ」やしおり作り,カルタ大会などに多くの児童が参加し,図書室は大盛況でした。

  
    『大賑わいの図書室』          『手作りの「みっけ」』

  
     『しおり作り』             『カルタ大会』

1・2年生活科校外学習

 1・2年生で宇都宮動物園に行ってきました。天候も暑すぎず,寒すぎず,雨も降らず,とても過ごしやすく行ってくることができました。
 子ども達も動物とたくさんふれあい,良い体験ができたと思います。
 
     
 お昼はグループごとにお弁当を食べました。どの班も仲良くおいしそうに食べていました。

 午後はわんわんショーを見ました。かわいらしい犬たちの演技にみんな夢中でした。

おにぎりの日

 おにぎりの日ということで,それぞれ自分でにぎったりおうちの人ににぎってもらったりしたおにぎりを持ち寄り,おいしそうに食べていました。  

   

1・2年生活科

 10月の宇都宮動物園への校外学習に向けて,1・2年生合同で体育館に集まり,班ごとに計画をたてました。どの班も真剣に話合っており,校外学習当日を楽しみにしている様子が伝わってきます。
 

不審者から命を守ろう

 9月13日,学校に不審者が侵入したことを想定した避難訓練を実施しました。
 
不審者侵入の放送があり,指示に従って避難する児童

不審者にさすまたで対応する教職員


県庁前交番の古谷道夫様,小室一樹様,本校スクールガードチーフの堺順一様による講評

職業人の話を聞こう①

 望ましい職業観や勤労観を育むことを目的として,5,6年生が参加し「職業人に話を聞こう」が行われました。
 9月2日には,(株)ミサワホームの後閑洋希様,佐藤啓之様から,第59次日本南極地域観測隊での経験をもとにたお話を伺いました。


緊急時の適切な対応のために

 7月22日,栃木医療センター医師の石井先生と,小児アレルギーエデュターの田野井先生をお招きして,食物アレルギーによるアナフィラキーショックに備えた研修会を開催しました。エピペンの使用方法の演習も実施しました。

七夕かざり

 毎年恒例の七夕かざり。
 6月19日,PTAや地域の皆様の協力を得て,折り紙教室が行われました。子どもたちは夢中で七夕飾りを作りました。


 7月2日には,七夕の飾りつけ。子どもたちが思い思いに書いた短冊も飾り付けました。

昇降口前に飾れれた七夕飾り。一人一人の願いが叶いますように・・・

6年生 市議会体験に行きました

1月23日(水)宇都宮市役所の5階にある本会議場において,宇都宮市議会小学生会議を体験しました。
代表児童が,1日限りの任命書をいただき,全員が議員や市長,副市長などそれぞれの役割を担いました。議会事務局の方から,市議会の役割について説明があった後,議場を自由に見学させていただきました。
 
いよいよ議会が始まります。議長や議会事務局長,市長,副市長,都市整備部長,環境部長,議員がそれぞれの立場で発言しました。本日の議題は,「小学生の運動能力向上や,大人の運動不足解消のための広いグランド整備について」です。
 
 
 
 
 
広い本会議場での発言には責任も伴うので,とても緊張しましたが,はきはきと大きな声で発言することができました。最後の採決多数決で,民主主義であることを改めて感じるとともに,自分の一票の重さを自覚しました。
 
最後に感想を述べたり,質問をさせていただいたりして議会体験は終わりました。自分たちが18歳になっ選挙権をもった時に,今回の経験が,社会の一員としての自覚をより強くさせてくれるのではないかと思う,貴重な体験でした。

5年冒険活動教室


12月4日(火)~6日(木)篠井にある冒険活動センターに宿泊学習に行ってきました。
①自然とふれ合い自然のすばらしさを感じること
②仲間との生活の中で決まりを守り,自分の役割を果たしながら友達と助け合い粘り強く生活すること
以上の二つを大きな目標に有意義な3日間を過ごしてきました。
いよいよ出発  3日間の活動への意気込みを確認しました。

今回は峰小学校と一緒に宿泊します。活動は別々ですが,レストランや園内で一緒に活動することもあるので,合同で入所式を行いました。

待ちに待った活動が始まります。ロッジに荷物を入れた後,「園内写真オリエンテーリング」の活動に入ります。写真のヒントを手掛かりに園内を散策し,隠されたメッセージを探すというゲームです。その後,待ちに待った昼食。ラーメンとチャーハンでした。おかわりが自由とあって,たっぷりいただき大満足でした。

午後の活動は「イニシアティブゲーム」一人では解決できないような課題に対し,グループのメンバー一人ひとりが力を出し合い,協力してその課題を解決するゲームです。高さ3メートルの「ウォール」を越えるゲームとメンバー全員が切株の上に乗る「日本列島」の様子をご覧ください。

活動の後には「振り返り」感じたことを話し合いました。はじめはできないと思ったことも,友達と協力したことによりできたという達成感を味わったという声や,励ましがあったからこそ成し遂げられたという声,皆を支え,感謝の言葉をかけてもらい充実感を味わったという声。それぞれの気持を伝え合いました。

一日目の夜はキャンドルファイヤー。火の神が冒険活動センターのアリーナに登場。火の神から,自立,信頼,協力,勇気,思いやり,希望,努力,友情の火をもらいました。その後,みんなでレクリェーション。USAを踊ったり,猛獣狩りをしたり,栄光の架橋を歌い,心ひとつになった夜でした。



12月5日(水)天候に恵まれ暖かな日となりました。1組は木登り,2組は杉板焼きに挑戦です。午後はそれぞれの活動を入れ替えて行いました。朝から子どもたちの食欲は旺盛。昨夜はぐっすり眠れたようです。


右上の写真のようにハーネスを付け,ヘルメットをかぶり木登りに挑戦します。


夜は「スターウォッチング」残念ながら満天の星空というわけにはいきませんでしたが,天頂付近にカシオペア座を見つけることができました。これを機ご家庭でも星空を見てみてはいかがでしょう。
ロッジの様子を少しご紹介。どちらのタイプもそれぞれの良さがありました。


12月6日(木)あいにくの雨。そして寒い朝となりました。朝食後センターハウスに荷物を運びます。生活係は部屋のチェックがあるので,お友達の荷物もこうやって力を合わせて運びました。今日は野外炊飯。カレーを作ります。活動の最終日,指導員も教員もなるべく口出しをせず,子どもたちの活動を見守り,必要に応じて手を差し伸べます。自分たちで起こした火,自分たちで調理したカレー,スープ。暖を取るために火にあたったり,暑くてたまらないかまど係は,水分を摂ったりと,それぞれの役割を果たしながらおいしくいただき,片付けもしっかり行いました。




あっという間の3日間。もっと泊まっていたい,みんなと暮らしたい。なんても聞こえてきました。普段の学校生活では味わえないことを学びました。

物心両面での準備,ご協力ありがとうございました。この活動で学んだことを生かしながら,昭和小学校の核となる6年生へ向けて,子どもたちと共に進んでいきたいと思います。

6年生 楽しかった!栃木SC夢プロジェクト

 9月19日(水)に栃木SC夢プロジェクトが行われました。栃木SCの杉本選手と古波津選手,金澤コーチなど7名の方が来てくれました。
 
 
 始めに選手やコーチの紹介がありました。普段身近でないプロの選手たちが目の前にいて,少し緊張気味の子どもたちでした。どんな活動をするのか楽しみ!紹介が終わるとPK合戦大会!。お手本に蹴ったプロの選手のボール,やはり速い!
 
 次に,準備運動を兼ねてのしっぽ取りゲームが始めると,みんなしっぽのかわりのビブスを取られまいと,必死に逃げ回りました。
 
 
 大人も子どもも関係なく,やる時は全力投球でした。子どもたちは選手やコーチのビブスが取れると喜びも何倍になりました。楽しみながら体をほぐしていきました。
 次は楽しみにしていたゲームです。選手やコーチもチームに入ってくれて,どのチームも負けじとがんばりました。
 
 
一緒にゲームをするとみんな仲間のように打ち解けました。点が入るとハイタッチをすることも!スポーツのすぐに人と人を繋げ,みんなを笑顔にするすごい力を感じました。ゲームが終わると,選手へのインタビューやサイン会などがありました。
 
 
 インタビューでは,夢を実現させることや自分の個性を生かすことなど,将来に役立つ話がいっぱいでした。そして,選手のサインが入ったフラッグもプレゼントしてもらい,とてもいい記念になりました。楽しかった時間をプレゼントしてくれた栃木SCの方たちへのお礼の言葉も伝えました。きっとこの経験はずっと心に残っていくと思います。栃木SCの皆さんありがとうございました。

6年生 インターンシップに行ってきました

 9月5日(水)は天候にも恵まれ,6年生は総合的な学習の時間の活動の一つである,職業体験(インターンシップ)を行いました。
 この活動はキャリア教育の一環であり,本校が毎年行っている伝統ある活動です。また,この活動には,地域などにある事業所のご理解とご協力をいただいており,このような活動を行えることに感謝の気持ちをもって参加しました。
 インターンシップに行った場所は,,まず,八幡台認定こども園や松原保育園などの小さな子供たちと接する職業を体験するところです。
 
 かわいい子供たちと接することはとても楽しく,やりがいがある一方で大変さも感じましたが,先生方の一人一人に合った接し方をしているという言葉に,責任感を感じました。
 次は,サンユー戸祭台店やウエルシア戸祭店,岩渕スポーツ,ローソン星が丘店,ファミリーマート宇都宮下戸祭店のような,多くの商品や専門的な商品を売る職業を体験することろです。
 
 
 
 お客様が気持ちよく買い物ができるために,商品の袋詰めや陳列,店内掃除などの普段あまり目にすることのない活動も体験でき,働いている方のご苦労も知りました。また,お客様に対してはいつも笑顔で接する店員さんのプロ意識を垣間見ることができました。
 次は,江戸一本店やコメダ珈琲下戸祭店,もめん弥のようにお客様に直接関わりながら,食べ物や商品を提供する仕事を体験するところです。
 
 
 お客様に喜んでもらえるための工夫や努力がたくさんあり,仕事の内容は決して簡単ではありませんでしたが,「ありがとう」や「おいしかった」というお客様の言葉や笑顔がやりがいにつながっていることを感じるできました。
 次は,デイサービスセンターえがおです。利用者の皆様やスタッフの方々に笑顔で迎えられ緊張もほぐれました。
 
 お話をしたり,折り紙を折ったり利用者の方と一緒に活動することはとても楽しく,自分たちまで笑顔になりました。スタッフの皆さんのきめ細やかな対応は大変勉強になりました。
 最後は栃木県立図書館と下野新聞社です。私たちの生活に密着した,公的な要素をもった場所での職業体験です。
 
 本の配架や記事の見出し付けなど,実際の仕事を体験させていただき,自分たちが利用するまでの工夫や大変さも分かりました。
 体験した場所は違っても,1人1人が活動した中から,「働くということはどんなこと」という大きなテーマについていろいろ考えることができました。
 お忙しい中,協力していただいた事業所の皆様,本当にお世話になり,ありがとうございました。学ばせていただいたことをこれからの学習に生かしていきたいと思います。また,引率でお世話になった保護者のボランティアの皆様,ありがとうござました。尚,今年度は児童数が例年よりも少ないために,事業所の数を減らしての活動となりました。

6年生 キャリア教育の講話を聞きました

7月2日(月)にペットサロン「ALMA(アルマ)」のオーナーである,トリマーの齊藤貴志先生をお迎えして,仕事のことや働くということについて話をいただきました。
 
まず,動物に携わる仕事にはどんなものがあるか,どんな人が向いているかなどを聞きました。今までは,獣医さんやトリマーさんなど,よく聞く職種しか知りませんでしたが,動物看護士やブリーダーなどいろいろな仕事があることも分かりました。
また,齊藤先生が飼っている,犬をモデルにしたパワーポイントで,トリマーの仕事をとても分かりやすく教えてくださいました。
 
また,トリミングで使うハサミなどの道具,カットのカタログの本なども手に取って見せてくださりとても嬉しそうな子どもたちでした。
 
 
実際に,ハサミの使い方も教えてもらい,模型の犬「こじろう君」を使って,代表の人に切らせてくれました。その後,齊藤先生がカットし,その上手さにみんなさすがと目を輝かせいました。
 
 
授業の時間が終わっても,こじろう君や齊藤先生のそばにはたくさんの人がいて,この授業が,子どもたちにとって充実した時間だったことが伺えました。
齊藤先生,お忙しい中ありがとうございました。