国本中からのお知らせ

とちぎ未来大使夢講座

 本日5・6校時の総合的な学習の時間に、とちぎ未来大使を務めていらっしゃるダンサーで振り付け師の真島茂樹先生をお呼びして、「夢に向かって一生踊り子」という夢講座をしていただきました。この夢講座は、予定では2年生が受けるはずでしたが、1年生も参加させたいという1学年の希望があり、1・2年生が参加しての講座となりました。

 講座に参加した1・2年生は、幼稚園の時に褒めてもらったお遊戯をきっかけに、踊ることに興味を持ち、小学校の時に見た日劇のダンスショーに魅了され、ダンスの道に進もうと努力されたという真島先生のお話を、真剣な眼差しで聞いていました。そして、お話の後のマツケンサンバの振り付けを楽しそうに教わっていました。マツケンサンバを踊る真島先生のキレのあるダンスは本当に美しく、素晴らしかったです。私の方が8才近く若いのに、全然身体が動きませんでした。真島先生、今日は本当にありがとうございました。オレー!

   

   

 

 

生徒会朝会

 本日、生徒会朝会がテレビ放送で行われ、安全委員会と図書委員会が発表しました。

 安全委員会は、自転車のヘルメットの安全な付け方について説明し、生徒に注意を促しました。皆さん、いざという時に自分の身を守るため、ヘルメットをしっかりと付けましょう!

   

 図書委員会の発表は、図書に興味を持ってもらうために全部で10問のクイズを出し、全問正解者には手作りの賞品を渡すというものでした。図書室にいつも行っている人には、簡単な問題でしたが、そうでない人にはかなりの難問でした。全問正解者は、何人いたのでしょうか?ちなみに私は、2問間違えました。

   

宇河地区新人剣道大会

 11月23日(火・祝)に県ユウケイ武道館で、宇河地区新人県道大会の団体戦が行われました。残念ながら、国本中は男女とも力及ばず、1回戦で敗退してしまいましたが、出場した選手は皆、大きな声を出して頑張っていました。

 強くなるためには、何回も負けることが必要です。負けることで、今自分に何が足りないのかを知ることが出来るからです。だから、負けることを恐れる必要はありません。大切なのは、強くなるために努力し続けることです。目指すは来年の夏の大会。期待しています。

<団体戦結果> 男子 1回戦0-3宮の原中  女子 1回戦0-3若松原中

   

   

数学科研究授業

 本日5校時に2年1組で栃中教研数学部会の研究授業が行われました。コロナ禍のため、参観者は栃中教研数学部会長の城山中新村校長と宇中教研数学副部会長の一条中星野副校長と鬼怒中小森副校長の3人でしたが、授業者の佐藤篤先生を始め、2年1組の生徒は、クロムブックを使っての授業を特に緊張することもなく、楽しそうに行っていました。

 今日の授業の内容は、平行線に交わった線の角度を考えることから始まり、次にクロムブックを使ってその線と角度を個人個人が思いのままに動かし、その動かした形の角度を求めて、みんなに発表するというものでした。生徒たちは、自分の作った様々な形の角度を、隣の生徒と相談しながら解いていました。私は、クロムブックを自在に使いこなす生徒の姿を頼もしく思いました。お疲れ様でした。

   

全市一斉土曜授業

 本日、中学校の宇都宮市一斉の土曜授業が行われました。国本中学校では、ここのところの新型コロナの感染者減少傾向から、この土曜授業の2・3校時を保護者参観としました。そして、密を避けるため、2校時をお子様の出席番号奇数の方、3校時を偶数の方としました。

 ここ2年間、新型コロナ感染拡大で授業参観が行えなかったためか、今日の授業参観には多くの保護者の方が来てくださり、本当にうれしく思います。特別な授業ではなく、普段通りの授業ですが、私たち教職員も、見ていただくのはやはりうれしいものです。ありがとうございました。

   

   

   

53万アクセス達成

国本中学校ホームページ
530,000アクセス達成!!

 11月9日に52万アクセスを達成しましたが、このたび53万アクセスを達成しました。多くの生徒、保護者、地域の皆様にご覧いただき、ありがとうございます。 
 さて、校庭の銀杏も眩しいほど見事な黄色に色づき、秋が一気に押し寄せて来たのを感じます。と言っても、暦の上では、あと10日もすれば12月で冬ですが・・・。これも温暖化の一つの現れですかねえ。まあ、何にしても生徒たちにとっては、勉強するにも、運動するにも、気持ちが良い季節が長く続いています。力を付けるには、今が頑張り時です。頑張りましょう!

 これからも、学校での様々な情報を随時発信していきますので、よろしくお願いします。

避難訓練(不審者へ対応)

 昨日11月19日(金)の6校時に、本年度2回目の避難訓練を行いました。春に行った1回目は地震からの火災に対してのものでしたが、今回は「不審者への対応」がメインでした。

 中央警察署から警察スクールサポーターの神山操 様にお越しいただき、お話と共に動画を見せてもらいました。このところ特に電車内において、通り魔的な事件が起きていますので、不審者への対応も日頃から意識しておく必要があると思います。不審者への対応だけではなく、自分の身は自分で守ると行動は、生きていく中でとても大切な事です。

   

家庭科研究授業(要請訪問)

 本日5校時に、1年1組で益子先生が家庭科の研究授業を行いました。今日の研究授業は、要請訪問として市教委学校健康課学校食育グループ副主幹・指導主事の岸敦子先生にもお越しいただき、ご指導していただきました。

 あいにく私は別の研修のため、授業を見ることは出来ませんでしたが、参観した先生方の話では、生徒一人一人が今後もしかしたら体験するかも知れない災害時での避難所での生活について自分の出来ることを考えることで、地域の人々と共に災害に備える態度を身に付けることにつながった素晴らしい授業だったということです。

 生徒たちは、避難所での生活で問題となることを考え、その問題点に対して自分には何が出来るかを一生懸命に考え、発表していたそうです。今日の授業から生徒たちは、これまで、ほとんど意識してこなかった災害への意識を持ち、自分の家族の安全を考えるきっかけになったと思います。

   

   

ほうれん草の収穫

 本日5時間目に1年1組が学校農園のほうれん草を収穫し、収穫したほうれん草を使って、益子先生ご指導のもと、家庭科調理室で「ほうれん草ののりあえ」を作って食べました。

 1年1組の生徒たちは、しっかり育ったほうれん草を選んで収穫し、楽しそうに調理していました。きっと美味しかったと思います。なお、この後、他のクラスも順番に行っていくとのことでした。