日誌

児童の様子

新型コロナウイルス感染症に係る学校施設開放の取り扱いについて

雀宮東小学校 施設利用団体 様

 今般の新型コロナウイルス感染症への対応にご協力いただき、深く感謝申し上げます。
 国内においては、感染者の急拡大に伴い、まん延防止等重点措置が発出されたとともに、栃木県においても、警戒度レベル2【感染拡大期】が発表されたところであります。
 つきましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、利用者団体においては、引き続き以下の事項の徹底をお願いします。

1 感染対策の徹底
(1)他の利用者と一定の距離をおくとともに、頻繁に換気(最低2方向)を行うなど、三密(密接、密集、密閉)の回避
(2)こまめな手洗いや消毒、咳エチケットなど衛生対策の徹底
(3)発熱や咳などの症状のある方の利用自粛

2 少しでも体調に違和感がある者や体調不良の者の参加自粛の徹底
 使用者は、利用者の健康状態を常に把握し、明らかに体調不良である者や少しでも体調に違和感を覚える者を参加させないこと

3 感染者発生時の対応に向けた留意事項
 利用者等から感染者が確認された際の対応のため、以下の事項についてお願いいたします。
(1)利用者名簿(付添者等も含む)を作成すること
(2)施設利用日毎に利用者(付添者等も含む)を把握し、名簿に記録すること
(3)利用者から感染者が確認された場合には、必要に応じて速やかに学校へ出欠簿(名簿)の提出を行うこと
(4)利用者団体内で、新型コロナウイルス感染症の陽性反応者が出た場合には、速やかに学校へ報告すること

雀宮東小学校 担当: 副校長 佐藤

フリースロー選手権 始まる!(1年生)

 1月17日(月)にフリースロー選手権(体育館のバスケットゴールを使って)が始まりました。今日は、1年生が挑戦しましたが、なかなかバスケットゴールに届きませんでした。そこで、急ではありますが台の上にのってボールを投げることになりました。挑戦した1年生の多くが、10本中1本はゴールに入れることができた様子です。ゴールをねらって、ボールを投げて、ゴールがきまった際には、両手を上げて喜ぶ1年生の姿が見られました。

どんど焼き献立と、三色もちのプレゼントがありました

 今日は「どんど焼き献立」です。すずどん米(のみどり園で育てて収穫したもち米)を使ったお赤飯に、どんど焼きの繭玉をイメージして作った澄まし汁と三色ゼリーがメニューに並びました。また、PTAの皆様から、すずどん米を使った三色もちが全児童に配られ、楽しみに家に持ち帰る子供たちの姿が見られました。コロナ禍のため今年もまた「どんど焼き」は中止となりましたが、どんど焼きの行事にちなんだプレゼントをもらって、心に残るうれしい思い出ができました。

藁(わら)を使ったオブジェをつくりました(6年生)

 全国的な新型コロナウイルス感染症拡大のため、今年ものみどり活動の目玉である「どんど焼き」が中止となりました。そこで、6年生がどんど焼き用に保管していた藁(わら)を使ってオブジェを作成するとともに、一つ一つのオブジェに願いや目標のコメントをつけて、本校舎昇降口前の植え込みに展示しました。早く新型コロナウイルス感染症が終息し、みんなが安心して安全に暮らせることを願う想いがあふれています。保護者や地域の皆様も、御来校の際はぜひご覧ください。コロナ禍により多くの行事が中止や縮小となる中、工夫して学校生活を明るく盛り上げようと頑張る最上級生の姿にたくましさを感じさせられました。