日誌

今日のできごと

10月の出前授業・校外学習について

1 1年生:生活科出前授業

 10月2日(月)に宇都宮動物園の方を講師に迎えて,ウサギの心臓の音を聞いたり抱っこの仕方を教えていただいたりしました。一人の児童がウサギを優しく抱っこし,もう一人の児童が聴診器を使い鼓動に耳を傾けていました。

 自分の命を同じように,ウサギの小さな命を大切にしようとする姿が見られました。

                      

 

 

 

 

 

 

2 4年生:カルビー工場・飛山城址跡公園への校外学習

 10月3日(火)に宇都宮市清原にあるカルビー工場へ製品生産過程を見学したり,飛山の歴史と自然を学ぶと共に清原地区と平石地区の土地の特徴を学習したりしました。フルーツグラノーラの商品化する過程を順を追って説明していただいたり,生産工程において気を付けていることを教えていただいたりしました。また,宇都宮市の清原地区や平石地区の地形等を飛山城史跡から見学しました。

 学習したことを自分の目で,しっかりと確認し実感をもって学ぶことが出来たことと思います。

 

宮っ子チャレンジウィーク

 9月25日(月)~29日(金),「宮っ子チャレンジウィーク」で陽西中学校の4人の生徒さんが来て社会体験学習を行いました。中学2年生が5日間,地域の企業等を「教室」とし,様々な体験活動を通して働くことの意義や大切さを見つめ,社会人として生きる意味の学び,感謝の気持ちを育てることを目的としています。4人の生徒さんは5日間,教員の仕事を体験して帰りました。4人の生徒一人一人が充実感をもって過ごせたようです。

 桜小の子どもたちも,来てくれた陽西中学校2年生4人も,たくさんの経験を積み,自分の夢に向かって進んで行って欲しいなと思います。

  

6年生 親子レク

 9月19日(火)に,宇都宮ブレックスの方を呼んで,バスケットボール体験授業を行ったりチアダンスを教えてもらったりしました。前半は子どもたち中心にバスケットボールの実技を行い,後半は保護者の皆さんとチアダンスの体験を行いました。

 「キッズモチベーションプロジェクト」とは,講話や実技を通して子どもたちと交流を深めることにより,運動の楽しさや夢をもつことの大切さ等を伝えることを目的としています。楽しい時間とともに大きな夢をもってほしいなと思います。

  

6年生 社会科出前授業

 9月14日(木)3・4時間目に社会科の出前授業を行いました。宇都宮市文化課の方を講師に迎えて土器パズルをしました。宇都宮市に残っている遺跡について話を聞いたり昔の縄文の破片を組み合わせる「土器パズル」に挑戦しました。

 社会科の歴史学習が始まり,最初の単元で「縄文のむらから古墳のくにへ」を学習しました。その時に出てきたのが縄文土器だったので,子どもたちは目を輝かせて話を聞いたりパズルをしたりしていました。

 きっと歴史の面白さや魅力に気が付いたことと思います。

 

小中一貫あいさつ運動 第1回目

 9月7日(木)に「陽西地区小中一貫あいさつ運動」がありました。

 陽西中学校の2~3年生の生徒16名と担当の先生2名,そして,本校6年1組の児童が,登校する時間に昇降口前であいさつ運動をしました。大きく元気な声が朝から聞こえてきて,爽やかな一日の始まりとなりました。また,挨拶をされた児童たちは,恥ずかしそうにしたり負けずに大きな声で挨拶をしたりしていましたが,みんな嬉しそうな顔で昇降口に入っていきました。

 挨拶は,人と人を繋ぐ大切な言葉だと思います。子どもたちは,たくさんの挨拶を受け,その嬉しかった思いを自分と関わる人たちに広げていってくれることと思います。