学校情報

宇都宮市立白沢小学校
〒329-1102
栃木県宇都宮市白沢町1643
TEL:028-673-1817
FAX:028-673-9347
 

カウンタ

COUNTER174070

QRコード

 携帯電話からもご覧になれます。
 携帯のバーコードリーダー機能で
 読み取ってご覧ください。
白沢小学校
 
CMS管理についてのQ&Aはこちら
 
白沢写真館
 

活動の様子(H28)

活動の様子(H28) >> 記事詳細

2017/01/30

富士重工業様の出前授業(4年)

| by:白沢小学校
1月12日に富士重工業様の出前授業が行われました。飛行機の部品を作り、世界でも活躍する富士重工業の話を直接聞ける、大チャンスです。
まずは、飛行機の歴史や飛ぶ仕組みなどを学びました。
 

特に子どもたちの興味を惹いたのは、「紙飛行機作り」です。ギネス記録をもつ紙飛行機の折り方を教えていただき、じっくりと丁寧に折りました。折ったら、早速、記録会です!

 

最後には、飛行機の素材について説明していただき、実際に触ることもできました。強度があり、かつ驚くような軽い素材で飛行機ができていることを知った子どもたちは、「鉄の塊」というこれまでの飛行機のイメージを覆されたようでした。
 

富士重工業の皆様、本当にありがとうございました。
17:46 | 投票する | 投票数(7)

活動の様子(H27)

活動の様子(H27)
12345
2016/01/29

キッズスマイルキャラバン(2年体育)

| by:白沢小学校
 1月29日(金)2校時、栃木SCアカデミーセンターのコーチ2名に来ていただき、キッズスマイルキャラバンを実施しました。
 寒さに負けず、子どもたちは元気いっぱい動き回っていました。

 クラスごとにビブスを受け取ります。

 ボールも一人一個使います。

 栃木SCのロゴ入りボール

 まずはボールを手に持ってあらゆる方向に走ります。

 次はボールを頭の上に乗せて走ります。結構難しい!

 手を使って足の間にボールを通します。ひざを曲げないで通せるといいみたいです。

 ボールを体から一番遠くなるように持ってバランス!おっとっと!
 コーチはさすがの安定感でした。

 さあ、いよいよドリブルの練習です。ホイッスルの合図でボールを止めます。
 足やおしりでも止めます。ボールが離れすぎてしまうとすぐに止められません。

 頭でも止めました。

 ドリブルの次は、パスの練習です。
 インサイドキックの蹴り方を教わりました。
  
最後はミニゲーム!女子も男子も1組対2組で戦いました。

 来年度やほかの学年でも、またこのような機会がもてるといいですね。
と、来てくださったコーチのお二人もおっしゃっていました。
 黒子コーチ、花輪コーチ、ありがとうございました。
12345

活動の様子(H26)

活動の様子(H26)
12345
2015/03/19

卒業証書授与式

| by:システム管理者

49名の卒業生の前途を祝します
3月19日(木)は,朝からあいにくの雨模様でしたが,しっとりとした春雨で,水溜りができるほどの降りではありませんでした。朝の気温は約10℃と決して寒すぎるということはなく,また日中は降り止む時間帯もあり,しっとりとした空気に包まれていました。今日のような良き日に雨は嫌われがちですが,雨が降った後は土地が固く締まり,良い状態になるという「雨降って地固まる」ということわざにあやかり,吉兆だと思いました。
 
 
 卒業生の皆さん,卒業おめでとうございます。卒業証書を授与した後,式辞の中で「思いやりのある,心豊かな人になってください。」「チャレンジ精神をもち,最後まであきらめない人になってください。」という二つのお願いをしました。地域の皆様方とのつながりを一生の宝として,そして人間性豊かな人として,自分自身に打ち克ち,粘り強く挑戦し続ける人になってほしいと思います。
 
   

 
 保護者の皆様方には改めましてお祝い申し上げます。この6年間の子どもたちの健やかな成長は,家庭という暖かで安心な基盤があったからこそです。教職員一同うれしく思います。またご多忙中のところ,教育委員会,市議会議長様をはじめ,日頃より子どもたちや学校を見守ってくださった地域の来賓の方々のご臨席を賜り,ありがとうございました。
 
 
 
 卒業生の皆さん,中学校でもよく学び,よく考える白沢っ子として頑張ってください。卒業生の皆さん,中学校でもよく学び,よく考える白沢っ子として頑張ってください。在校生も応援しています。


12345

児童の活動(平成25年度)

活動の様子(H25)
12345
2014/03/11

あれから3年

| by:システム管理者
東日本大震災を忘れない

 平成23年3月11日(金)14時49分6秒(白沢での最大震度時刻)震度6強
 そうあの日から,もう3年がたつのですね。あの時,1年生だったあなたたちは,4年生に。6年生の
あなたたちは,3年生でしたね。
 その日の夜は電気も止まり,暗くて恐ろしいような記憶だったと思います。その後何度も停電になり,
コンビニやスーパーから食べ物や生活用品がなくなり大変な思いをしたことを覚えてますか?でも,
だんだんとつらくて苦しい思い出は,消えかかっていませんか?


 被害が大きかった東北地方太平洋沿岸部では,がれきの処理も進み,復興もずいぶん進んだように聞かれますが,水揚げ量や港湾の整備,そしてなんといっても高台移転のための区画整理事業も
あまり進んでおらず,平成24年12月現在の避難者総数は約32万人,うち仮設住宅は48,522戸
(岩手,宮城,福島,茨城,栃木,千葉,長野)に112,996人の方々が生活しています。(復興庁)被災地では,まだまだ苦しんでいる人たちが大勢いるのです。


 私たちの地域では,震災の復旧が進んだことにより,人々の震災の意識が薄らいでいないでしょうか?しかし今回のことを,日頃からの危機管理の大切さを改めて認識し,また被害に遭われた方々や
亡くなられた方々を忘れず,私たちはこの日のことを語り継いでいかなくてはならないと思います。
 

 本校では,子どもたちと教職員が一緒にも改めて震災のこと,そして危機管理のことを考えるため,
昨年に引き続き,全校放送で朝の会を実施しました。
 3年2組担任の細越先生は岩手県宮古市出身で,先生の実家は津波により大きな被害を受けたそう
ですが,ご家族の皆様は幸いにも全員無事だったそうです。しかしその時の状況や様子を被災写真
を,放送室から通してお話ししてくださいました。
 
 

  

 各教室の子どもたちは,全員真剣に,細越先生のお話しを聞いていました。その後担任の先生から,各学年の発達段階に応じた,命の大切さや日頃の危機管理などについてのお話しをしていただきま
した。

 

  
 職員室でも,放送を聞きました。
  
 今日は文部科学省からの弔意表明の通知(事務次官通知)が県・市教育委員会を通じて出された
こともあり,本校でも半旗掲揚を行いました。震災が起きた時刻には,校庭で体育をしていた3年生
が黙とうを捧げました。
  
 改めまして,今回の震災に被災された皆様にお見舞い申し上げ,お亡くなりになられた方々に哀悼の意を表します。

12345