学校経営計画
学校教育目標と学校経営の方針

☆テーマ 「いっぱい 友だちいっぱい 清央」☆

心豊かでたくましい子どもの育成には,子どもが生き生きと楽しく学習や活動に取り組み,明るく活気のある学校づくりが重要です。そのためには,次の学校像を目指します。

目指す学校像1 「子どもが楽しく学び,居がいを感じる学校」 

目指す学校像2 「教職員が特性を生かして,指導力を発揮する学校」

目指す学校像3 「保護者・地域から信頼される,魅力ある学校」


 学校教育目標

基本目標

児童の心身の発達にふさわしい教育を推進し,豊かな思考力・判断力・表現力を培い,心の教育を重視しながら,強靭な気力・体力と思いやりのある心や自主的な精神に満ちた実践力を身につけ,自らの向上とより良い社会の発展に貢献しようとする心豊かでたくましく生きようとする人間を育成します。

 

具体目標と合言葉

 ・自ら学びくふうする子ども       (考える)

 ・元気でがんばる子ども         (鍛える)

 ・礼儀正しく思いやりのある子ども    (思いやる)

2 学校経営の方針

全職員が学校教育目標の共通理解に努め,調和の取れた教育活動を展開し,合言葉や具体目標の重点化を通して,教育目標の具現化に努めます。

⑴ 常に「全ては子どものために」を念頭に置き,一人一人が清原中央小学校の職員であることの自覚と誇り,危機管理意識をもって勤務し,公務員及び教職員としての資質や指導力の向上に努めます。

 職員一人一人が率先垂範の精神で児童の教育にあたり,その姿勢を通して児童に学ぶ意欲や思いやりの心を育てます。また,一人一人の児童の夢を育む教育活動「夢いっぱいプロジェクト」を継続的な推進を図るとともに,確かな学力,個性を生かした教育と生きる力の育成に努めます。

 地域学校園内の小中学校はもとより,保護者や地域社会,各種団体との連携を密にし,地域の教育力を生かし,地域に開かれた信頼される学校にします。

 
3 力を入れて取り組む
5つの柱(◎重点取組)

 柱1 夢を育む教育活動の推進
   <目指す学校像1「子どもが楽しく学び,居がいを感じる学校」から>
 児童が,自ら自分たちの生活をよりよく作りあげようとする活動の充実を図り,「夢いっぱい 友だちいっぱい 清央小」の活動に取り組みます。
また,縦割り班活動を積極的に取り入れ,思いやりのある児童を育てます。

≪主な具体的な取組≫

◎夢いっぱいプロジェクトの推進(朝のクラスタイムの活用,キャリア教育推進)

◎縦割り班活動,異学年交流の充実(清掃,集会活動等)

○学級活動と児童会活動の活性化(児童自身の手でよりよい学級・学校づくりを)

 

 長縄跳び大会  ドッジボール大会等の実施  アルミ缶回収  花壇等の整備・充実


 柱2 未来に向かって「生きる力(必要とされる資質・能力)」を育む指導の充実
   <目指す学校像1「子どもが楽しく学び,居がいを感じる学校」から>
「知識・技能の習得」を目指した基礎・基本の指導の徹底,「思考力・判断力・表現力等の育成」を実践していくとともに,「学びに向かう力」を高めることで,未来を生き抜くために必要とされる資質・能力を着実に身に付けます。また,健康・体力づくりの推進や読書活動の充実を図るとともに,生活面の基本となるあいさつ・言葉遣いの指導などを通して,人間関係力の向上を目指します。

《主な具体的な取組》

◎あいさつ,話し方,聞き方などを重視した人間関係力向上とカリキュラムマネジメント確かな言語力や論理的で豊かな表現力,対人関係を高める力総括した「コミュニケーション力」)

◎伝え合い深め合う力を高める授業づくり

◎学力向上と児童指導を一体的に進める一部教科担任制

ICTを活用した教育の推進

◎保護者との連携による家庭学習の充実・望ましい学習習慣の形成・充実

(「カテ学ふりかえりウィーク」「カテ学ふりかえりシート」)

朝の「学習タイム」の活用と繰り返し指導の工夫,読書活動の充実

○安全な生活づくり,体力づくり,健康づくり,食育の推進
 〇柱3 学年・学級経営の充実と個に応じた支援の強化

   
<目指す学校像1「子どもが楽しく学び,居がいを感じる学校」から>

児童にとって楽しく居がいのある学校であるために,学年・学級経営の充実に努めます。また,人権尊重の意義について理解とお互いの人権に配慮した行動ができる児童を育てます。

《主な具体的な取組》

◎「居がいのある学年・学級づくり」に向けての取組の推進

◎計画的な学年会の実施による情報の共有と連携の強化

◎日常的に人権を大切にする指導の強化(人権週間の取組の充実,いじめゼロ運動の推進)

〇子どもの適応状況を踏まえた適切な就学指導と支援の強化(特別支援学級, にほんご指導教室)

  〇柱4 教職員の資質・指導力の向上
   <目指す学校像2「教職員が特性を生かして指導力を発揮する学校」から>

「全ては子どものため」の合言葉のもと,教職員は,信頼される学校づくりに向け,共通理解のもと学習指導や児童指導等の教育活動にしっかりと取り組みます。

《主な具体的な取組》

◎教職員行動規範の徹底と各課題への組織としての対応の強化

(あいさつと思いやり,危機管理意識の高揚 等)【清央小PRIDE

◎問題行動(いじめ・不登校等)の早期発見と全職員体制での早期対応

 ・適応支援に向けた弾力的な対応

◎「社会に開かれた教育課程」と「カリキュラムマネジメント」の着実な実施

◎急激な小規模化を意識した前向きな取組  

・教育活動の見直し  ・校務分掌遂行   ・空き教室の活用

○職員組織を生かした学校課題研究への取り組み

〇互いの授業を見せ合う機会の取組の推進を通した授業力の向上

◎勤務時間を意識した働き方の継続と校内業務の適正化,及び学校支援ボランティアの参画強化

・ブロックごとのリフレッシュデー

  〇柱5 地域とともにある学校づくりの推進

   <目指す学校像3「保護者・地域から信頼される,魅力ある学校」から>

豊かな自然環境と社会環境を有効に活用した教育活動を通して,地域への愛着をもって,生き生きと生活する児童を育てます。また,学校・家庭・地域,地域学校園の小中学校,教育機関の連携を強化し,児童はもとより,保護者,地域住民から愛される「地域の学校」を目指します。

《主な具体的な取組》

◎魅力ある学校づくり地域協議会の学校運営への参画

◎地域や各種団体と連携した活動の推進と子供の居場所づくり 

 ・企業と連携した教育活動 ・放課後子ども教室と連携した子供の居場所づくり

 ・地域学校園内の教育機関との連携強化

◎情報公開(オープンスクール,ホームページ,各種便り等)の効果的・効率的推進

〇地域素材の教材化(飛山城史跡,浅間山古墳,竹下遺跡等)

〇地域に生きる一員としての誇りと自信を持たせる工夫

・生活科・総合的な学習の時間の創意ある取組

○地域の人々とのふれあいを通した活動の推進(収穫祭 等)

〇参画 PTA・地域行事等への参加及び協力

 ・親子美化活動    ・清原ミュージックフェスティバルへの参加 

 ・親子料理教室の実施 (船頭鍋作り 5年担任・児童及び保護者の参加)

 ・清央祭への協力  ・学習支援ボランティア等の積極的授業参加