学校の沿革 ~分校編~


 明治 (6年) (5月) 明治5年8月3日,明治政府は学制を発令し,豊郷地区では,下川俣村の光性寺にあった寺子屋を仮校舎として開校しました。これを「西光舎」と称し,後の豊郷尋常小学校へと継承されていきました。)
40年
4月 豊郷尋常小学校(現 豊郷中央小学校)の分教場として海道新田に設置
・幼い児童にとって大字海道新田からの通学は困難であるとの理由で設置し,尋常4年までは文教場で授業を行うことになりました。
・跡地は,海道町公民館が建てられ,地域の方々に会合の場として使用されています。
・二宮金次郎さんの像と記念碑があります。)
 昭和22年 4月    豊郷村立中央小学校海道新田分校と改称
29年 11月  豊郷村は宇都宮市に合併し,宇都宮市立豊郷中央小学校海道町分校と改称 
30年  1月  新校舎に移転
・現在は,海道町児童公園となっています。
・公園内の北東部に記念碑があります。
・また,東側と南側には,ブランコやすべり台などの遊具が残っています。
45年  7月  プール完成
 (公園内の南西部は,ゲートボール場になっていますが,この所にプールが
あったそうです。) 
54年 11月  ピアノ披露音楽会開催
58年 10月  地鎮祭
59年 7月  海道町分校閉校記念式典 記念碑除幕式
60年 3月  海道町分校閉校