日誌

キーボード入力の練習を始めました

 本校では、スズキ教育ソフト「キーボー島アドベンチャー」という小学生のキーボード入力スキルの向上を目的としたオンライン無料サイトを利用して、朝の学習の時間等に、2年生から6年生の児童がキーボード入力の練習を始めました(1年生児童は、発達段階を考慮し、開始時期について検討中)。
 令和3年度からGIGAスクール構想により児童1人1台のタブレットが配備され、様々な学習の中での活用が模索されています。様々な学習の中で、キーボード入力のスキルが身に付いている場合は、文章を入力しながら自分の課題に沿って考えながら取り組むことが可能ですが、スキルが身に付いていない場合には、文字を入力するのに精一杯でその内容を吟味したりする余裕がないという問題が出てくることも考えられます。
 「キーボー島アドベンチャー」のサイトでは、キーボー島に住んでいる島民とのキーボード入力の試合に勝利するたびに、級が認定されていきます。ひらがな一文字の入力から始まって、記号や長文など、キーボードで入力する上で必要だと考えられる操作を身に付けることが期待できます。
 2年生の児童は、ひらがな一文字ずつの練習から始めましたが、「できたあ。」「次がやりたい。」と、意欲満々です。5年生・6年生の児童においては、友達と教え合いながら、自分たちで練習に取り組む姿が見られました。「休み時間もやっていいですか。」「家でもできるんですよね。」などの声も聞かれています。
 1年後のキーボード入力スキルの向上が楽しみです。


2年生
5年生
6年生
※「キーボー島アドベンチャー」画像使用許諾済み