日誌

藁(わら)を使ったオブジェをつくりました(6年生)

 全国的な新型コロナウイルス感染症拡大のため、今年ものみどり活動の目玉である「どんど焼き」が中止となりました。そこで、6年生がどんど焼き用に保管していた藁(わら)を使ってオブジェを作成するとともに、一つ一つのオブジェに願いや目標のコメントをつけて、本校舎昇降口前の植え込みに展示しました。早く新型コロナウイルス感染症が終息し、みんなが安心して安全に暮らせることを願う想いがあふれています。保護者や地域の皆様も、御来校の際はぜひご覧ください。コロナ禍により多くの行事が中止や縮小となる中、工夫して学校生活を明るく盛り上げようと頑張る最上級生の姿にたくましさを感じさせられました。