日誌

児童の様子

第3回雀宮東小地域協議会

 第1・2回地域協議会は、コロナ禍のため書面開催となりましたが、第3回地域協議会は、感染減少の傾向がみられることから今年度初めての対面での開催となりました。
 授業参観では、一人1台端末を活用した授業や宇都宮学、外国語など、近年の学校教育の変化を感じさせる授業の様子を協議会委員の皆様に見ていただくことができました。
 また、その後の会議においては、令和3年度学校教育支援ボランティア表彰について披露させていただくとともに、「のみどり隊や学校農園体験に係る活動の様子」「通学路の安全確保や点検の報告」「今年度のどんど焼きについて」など、各部会の取組について意見交換が行われました。
 1年ぶりの対面での協議会を通して、本校の教育活動が地域の皆さまからの手厚い支援によって成り立っていることを再確認いたしました。 

 

 

 

 

 

 

 

フォックスフェイス

 児童が家から「フォックスフェイス」を学校へ持って来てくれました。熱帯アメリカ原産のナス科の植物で、果実の付け根の部分に複数の突起ができ、形がキツネの顔に見えることから、フォックスフェイスと呼ばれています。晩秋から冬にかけて、観賞用として花屋さんの店頭で見かけることがあります。見た目の面白さに、多くの児童が興味津々で見ていきます。職員玄関に飾りましたので、ご覧ください。

校外学習 ツインリンクもてぎ(5年生)

 校外学習で、5年生が「ツインリンクもてぎ」を訪れました。秋晴れのもと、紅葉したイチョウやカエデの木々の美しさに、子供たちからは「わーきれい!」などと歓声が沸き起こりました。
 午前中は、巨大なドングリの木に見立てた「森感覚アスレチック DOKIDOKI」や、森の生態系の謎を解きながら頂上を目指す「迷宮神殿 ITADAKI」などのアトラクションに班ごとに挑戦しました。国際規格のサーキットコースで、バイクのテスト走行を見ながら昼食をとった後、午後は、キャストウォークで森の中を散策しガイドさんから森の秘密を教えてもらったり、ホンダコレクションホールを見学したりして楽しく過ごしました。
 生き物たちの生態や森の中で起きていることを理解し自然への興味を深めるとともに、自動車の環境技術の歴史や未来に向けた「ものづくり」について考えることができました。 
  
  
    
  
  
  
  
  
    

全体アンケートの Web回答に係るお願い

保護者,地域住民の皆様

「うつのみや学校マネジメントシステム」全体アンケートのWeb による回答へのご協力のお願い

           

 本市では,学校経営改善のために,学校におけるP-D-C-Aサイクルの確立及び学校評価と情報の発信・提供の充実を目的とした「うつのみや学校マネジメントシステム」を,平成20年度から全小・中学校に導入いたしました。本システムの導入により,全小・中学校が学校評価を円滑に実施し,公表する体制が整い,学校経営の具体的な改善及び学校課題の共有による学校と家庭・地域との連携・協力が,さらに推進されるなどの成果が見られています。また,令和2年度にGIGAスクール構想による児童生徒への一人一台端末の導入が整備されたことにより,これまでの各対象者への紙によるアンケート回答から,Webによる回答としました。
  つきましては,下記により,これまで同様,積極的にご回答くださいますようお願いいたします。

 記

1 期間 11月1日(月)~12日(金)
2 対象者 各学校の児童生徒及び保護者,教職員,地域住民(魅力ある学校づくり地域協議会委員等)
3 方法 各対象者には,後日,各学校から Web 回答に関する通知(QR コード等)が配付されます。

 また,地域住民の方で,アンケート回答にご協力いただける場合は,直接学校にお問い合わせください。

 【問い合わせ先】
 ・雀宮東小学校(副校長) TEL 028-653-0059

雀宮地域学校園あいさつ運動

 10月28日(木)と29日(金)の2日間、雀宮地域学校園あいさつ運動を行いました。今回は、コロナ禍のため、雀宮中学校の中学生5名と小学生、教職員のみでの実施となりましたが、気持ちの良い、元気なあいさつの声が朝の昇降口に響き渡りました。雀宮中学校から卒業生5名が参加してくれたことで、互いの交流を深めることができました。特に、6年生にとっては、中学校生活をスムーズにスタートできるきっかけとしてもらえればと思います。

10月28日(木)1-1,5-2,6-1、中学生5名
10月29日(金) 1-2、5-1、6-2、中学生5名