お知らせ

〇学校再開のお知らせとお願い
学校再開のお知らせとお願い.pdf

〇文部科学省
学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~(2020.5.22 Ver.1)

楽しく学べるサイト・番組の紹介
○自宅学習ガイド番組がとちぎテレビで5月20日~27日に第2弾が放映されます。テレビスクールとちぎ
各教科の単元とデジタルコンテンツの関連表.xls (市教育委員会作成)
○NHKのテレビ番組もお勧めです。
NHK for School  NHK Eテレ NHK Eテレサブチャンネル「フライデーモーニング・スクール」
とちぎの子どもの「学びの保障」に向けた応援サイト

文部科学省 子供の学び応援サイト
スポーツ庁 子供の運動遊び応援サイト
文部科学省 子供の読書キャンペーンサイト
外国語教材「Let`s Try!」と「We Can!」の英語読みがくり返し聴けます!(4/27)
音声データリンク一覧(文科省)

○楽しく学べる動画です。ファイルを開き画像の下のURLをクリックするとすぐに見られます。自由選択課題の動画(宇大附属小) 
(4/30)

○5月7日登校日

 5月7日(木)午前8:30~正午,午後1時~4時に,お家の方の付き添いで登校してください。詳しくは,4月23日付の文書をご覧ください。臨時休校延長通知城山東0423.pdf


○新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(文部科学省)
文部科学省_対策


○臨時休業に伴う教材等引き取りのお知らせ (4/20)
1来校日 4月23(木)午前8:30~12:00と,午後1:00~4:30

○臨時休校延長のお知らせ

宇都宮市教育委員会のホームページに市立全小中学校を、423日(木曜日)~510日(日曜日)までの期間を臨時休業とします。」と掲示されました
○臨時休校に伴う学校行事等の変更について

臨時休校に伴う学校行事等の変更について.pdf 
(4/8)

○臨時休校中の生活と学習について
臨時休校中の生活と学習について.pdf  (4/8)

 

キャラクター紹介

ⓒ城山東小学校

山東小学校マスコットキャラクター
 
 学校の近くで見られるカワセミをモチーフにしました。カワセミ(ヒスイとも言います)は, その美しさから「青い宝石」とも呼ばれています。
 城山東小学校のみんなが夢や希望をもって,自分の良さを発揮しながら未来に向かってはばたいてほしいという願いがこめられています。
 
「いじめから子どもを守ろう」
リーフレット(表面裏面
(宇都宮市PTA連合会HP)
 
宇都宮市の全ての家庭が
一緒に取り組む
スマホ・ケータイ
っ子ルール共同宣言
リーフレット
(宇都宮市HP)

 

カウンタ

COUNTER154300

QRコード

  携帯電話からもご覧になれます。
  携帯のバーコードリーダー機能で
  読み取ってご覧ください。

 
CMS管理についてのQ&Aはこちら
 

地域の様子

 
 


地域~城山地区とは


 「石の里大谷」は,大谷石採掘に支えられてきた町で,大谷石が旧帝国ホテルをはじめとする堅牢な建物の建材として用いられたことにより,多くの採掘場や作業場が設けられ隆盛を誇っていました。


 

大谷資料館    宇都宮市大谷町909    TEL 028-652-1232
 大谷石採掘も手堀りから機械堀りへといった,変わり行く大谷石採掘の姿を,手堀り時代と機械化になった現在の道具などを通して展示しています。
 また、地下の「大谷石地下採掘場跡」は,野球場程の巨大な地下空間で,古代ローマ遺跡を思わせる壮観かつ,幻想的な雰囲気を持ち,コンサートや美術展などのイベントスペースとしても注目を集めています。

天海山    宇都宮市大谷町1198  TEL 028-652-0128

 西暦810年に「大谷観音」と言われる千手観音(大谷石に弘法大師自ら直接彫ったとされる観音様)を本尊として建立されました。大谷石の洞窟にめり込むように建てられ,鎌倉時代には坂東33観音霊場の19番札所に定められました。

 千手観音は日本最古の暦崖仏で,昭和29年の3月に国の特別史跡に指定,その後,昭和36年6月には国の重要文化財として指定され,日本で最初に二重指定された史跡となりました。

 また,昭和40年の調査により,この洞穴の中から縄文・弥生時代の人骨が発見され,古代人の生活の場だった事も判明しました。

 

平和観音    宇都宮市大谷町1174  TEL 028-652-4733

 大谷石の採掘場跡を利用し,昭和23年に第二次世界大戦による日米両国の戦没者の霊を慰めると共に世界平和を祈って着工され,その後,6年の歳月を経て昭和29年12月に開眼した観音像です。

 彫刻は飛田朝次郎氏によるもので,高さは26.93m長さはそれぞれ胴回りが20m顔の長さが5m鼻の長さが1m足の指が1.5m足の親指の長さが0.75mとなっています。

 胴の後方には展望台が設けられ,宇都宮市の街並みが一望できます。