学校経営計画

 Ⅰ 教育目標
1 基本目標
豊かな創造力をもち,思いやりのある心情,たくましい気力と体力,自主的精神に満ちた実践力のある児童を育成する。
2 具体目標(具体的な児童生徒像など)
○ よく考え,学ぶ子どもを育てる。(考える)
○ 思いやりのある子どもを育てる。(思いやる)
○ 心身を鍛える子どもを育てる。 (鍛える)

Ⅱ 学校経営の理念
 児童一人一人のよさや強みを探し,見つけ,つくり,それをほめて伸ばす指導の充実により,多様な個性・能力を伸長し,互いの良さを生かしながら,支え合い高め合える集団を形成して,すべての児童が自信と誇りの持てる学校づくりを推進する。

Ⅲ 学校経営の方針
1 「主体的な学び」「対話的な学び」「深い学び」を視点とした授業改善の推進
(1)学ぶことに興味や関心を持ちながら,見通しを持って粘り強く取り組み,自己の学習活動を振り返って次につなげる「主体的な学び」を実現する。
(2)子供同士の協働,教職員や地域の人との対話,先哲の考え方を手掛かりに考えること等を通じ,自己の考えを広げ深める「対話的な学び」を実現する。
(3)各教科等の特質に応じた「見方・考え方」を働かせながら,知識を相互に関連付けてより深く理解したり,情報を精査して考えを形成したりすることに向かう「深い学び」を実現する。
2 他者への思いやり,規範意識,自己肯定感の育成
(1)道徳教育,人権教育,児童生徒指導の充実により,他者への思いやりや規範意識を育む。
(2)役割を分担し,協力して取り組む機会や異年齢交流を通して,年少者の世話をする機会等を充実させるとともに,様々な体験活動を通じて,達成感や成功体験を得させることにより,自己肯定感を育む。
3 体力の向上と健康の保持増進
(1)教科体育の充実により,基礎的な身体能力と運動やスポーツに親しむ態度を育成する。
(2)食育の推進を通して,望ましい食習慣を形成する。
4 教職員の資質能力の向上
(1)自律的に学ぶ姿勢を持ち,時代の変化や自らのキャリアステージに応じて求められる資質能力を高めるとともに,学校作りのチームの一員として,組織的・協働的に諸課題の解決に取り組む専門的な力を身に着ける。
(2)授業研究会を軸とした校内研修の充実により,相互に高め合い,学びあう協働的な同僚性を構築し,教職員の実践的指導力と専門性を向上させる。
5 地域とともにある学校づくりの推進
(1)学校,家庭,地域が目標やビジョンを共有し,相互に連携・協働することによって,子どもたちの豊かな学びと成長を実現する。
(2)学校園における小中の連携と,義務教育9年間を一体とした指導によって,学校生活へ円滑に適応させ,学力を保障する。
(3)これまで学校・教師が担ってきた代表的な業務の在り方に関する考え方をもとに,学校の負担軽減に向けた協力の周知を行うなどして,学校及び教師が担う業務の明確化・適正化に努める。
 
Ⅳ 今年度の重点目標
1 学校運営   児童一人一人のよさや強みをほめて伸ばす指導の充実
2 学習指導   対話的な学びの実現をめざした指導方法の工夫
3 児童生徒指導 規範意識を高め,自己肯定感を育む指導の充実
4 健康(体力・保健・食・安全)(元気アップ教育に係る取組を含む)
  基礎体力の向上と望ましい食習慣の形成をめざした指導の実践

Ⅴ 特色ある学校づくり等に関する取組
1 育てたい資質・能力   自己有用感
2 具体的取組
(1)基本的な生活習慣の定着
 あいさつや礼儀作法を身に付け,時と場に応じた言葉づかいができるようにするための活動(あいさつ運動)
(2)規範意識の獲得
 自分の感情を適切にコントロールし,きまりや約束を守って行動することができるようにするための活動(「西小よい子の1日」の徹底,道徳教育)
(3)望ましい対人関係の構築
 自分の気持ちや考えを適切に伝え,思いやりを持って相手を受け止めることができるようにする活動(難聴学級との交流,ありがとう集会,ふれあい給食)
(4)集団活動の体験
 責任をもって役割を果たすとともに,集団の中で自己のよさを発揮することができるようにするための活動(西地区大運動会,6年生を送る会)
(5)社会生活の体験
 地域行事への参加,ボランティア活動等をとおして,役割を果たす充実感や社会貢献への喜びなどを味わうことができるようにするための活動
 (学校へ泊ろう,6年生インターンシップ,校内落ち葉はき,クリーンアップ)