home学校給食>実施状況
実施状況
学校給食の目的(学校給食法より)
  • 第一条 この法律は、学校給食が児童及び生徒の心身の健全な発達に資するものであり、かつ、児童及び生徒の食に関する正しい理解と適切な判断力を養う上で重要な役割を果たすものであることにかんがみ、学校給食及び学校給食を活用した食に関する指導の実施に関し必要な事項を定め、もつて学校給食の普及充実及び学校における食育の推進を図ることを目的とする。

                     「学校給食法 第1条(この法律の目的)」

宇都宮市の学校給食の目標
  • 健康な生活を営むための基礎的な食習慣を培い、主体的に健康の維持増進に求める能力・態度を育成するため、手のぬくもりのある学校給食を推進する。
 ~教員・学校栄養士・調理業務員・保護者・地域・教育委員会が一体となって~
給食指導の目標
 
  • 適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること。
  • 日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、及び望ましい食習慣を養うこと。
  • 学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養うこと。
  • 食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと。
  • 食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる態度を養うこと。
  • 我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深めること。
  • 食料の生産、流通及び消費について、正しい理解に導くこと。

                     「学校給食法 第2条(学校給食の目標)」

給食指導を進めるにあたって
  • 学校教育目標との関連を図り、全校的な指導体制を確立し、指導にあたっています。 
  • 児童生徒の発達段階に即して指導するとともに児童生徒の主体的な活動を重視しています。
  • 児童生徒の実態に即し、一人ひとりに応じた指導の工夫に努めています。
  • 生きた教材としての献立を活用した指導を重視します。
  • 教科等との関連を図り、食に関する指導の充実に努めます。地産地消を生かした食に関する指導に努めます。
    ※ 「学校給食における地産地消実施マニュアル(一部改定)」を参照
  • ランチルームの活用や様々な人との交流など望ましい食事環境の工夫に努める。
  • 家庭・地域との連携を図り、豊かな体験を取り入れた特色ある給食活動の展開に努める。 

一人ひとりに応じた給食指導

児童生徒一人ひとりの実態を把握した上で、自分に適した食事について判断できるよう指導をする。

  • 実態の把握(偏食、肥満、少食、食物アレルギー等)
  • 指導の場(給食の時間、栄養相談、広報活動等)
  • 指導の方法(健康相談、食事指導等)
食物アレルギーを有する児童生徒に対して「学校給食における食物アレルギー対応マニュアル」のもと、
給食の対応を実施するとともに、自己管理能力の育成に努める。
食生活に関する豊かな体験を取り入れた特色ある給食活動の展開
  心のふれあいのある給食活動
  • 交流給食
  • 招待給食  等
                 

    食事を通して、社会性や人間性を育てることなどを目的に実施する。
  選択給食の実施
 児童生徒が、健康の保持増進のため数多い食品の中から、栄養のバランスを考え自分の体に応じた適切な食品を選んで食べることができるよう育成する。
  • セレクト給食・・・・・・・・複数メニューから、児童生徒が事前に選択できるように設定する。
  • バイキング給食・・・・・多種類の料理を用意し、主食・主菜・副菜・その他など献立としての形態が作れるように料理の種類を設定する。
  • カフェテリア給食・・・・主食・主菜・副菜・その他の料理を各々2~3種類用意し献立としての形態を設定する。
   食事環境の充実
 空き教室を活用し、黒板にカーテンをつける、食卓テーブルやイスを設置する等食事の場としてふさわしいものに整え、和やかに食事をしたり、楽しい雰囲気の中で食事マナーを身につけたりできるようにする。
  • ランチルームにおける強化磁器の使用
  地域に根ざした学校給食
 地域農産物を取り入れる地産地消を実施していくことより、地域で採れる旬の食材を紹介し、郷土食や行事食などに関心がもてるようにする。
  • 季節を感じる行事食
  • 地域の食材を活用した献立
  • 郷土食や地域農産物を活用した特色ある給食活動
  • 体験農園活動で収穫した食材の活用
望ましい食環境
 給食の時間は、みんなで一緒に楽しく食べる体験を通して望ましい食習慣を形成するばかりでなく、好ましい人間関係を育てる場でもあります。このような観点から、落ち着いた雰囲気づくりをはじめ、ランチルームの活用や食事内容に応じた食器具等の使用など食環境の改善や工夫をしています。
  食事の場の形態
  • 教室の工夫
    ランチルームでの給食の様子の写真 ランチルームでの給食の様子
  食事内容に応じた食器具の工夫
  • はし、フォーク、スプーン、デザートスプーンなど献立に応じて活用する。
  その他
  • 校内放送
  • 給食コーナー
    学校のオープンスペースを利用して掲示の様子 学校のオープンスペースを利用して掲示の様子
学校・家庭・地域の連携を踏まえた給食指導
  • 食生活に関する基本的生活習慣の実態把握(「学習と生活についてのアンケート調査」「元気っ子健康体力チェック」)
  • 学校給食に関する情報収集ならびに啓発活動(給食・食育だより 等)
  • 家庭との連携・啓発指導(親子給食 等)
  • 食に関する体験活動の充実
 
環境問題への取り組み
  環境問題を考える契機として、学校給食を活用しています。
  • リサイクル
    • 宇都宮市の分別方法に従い、牛乳パックやプラスチック容器等をごみとして処分するのではなく、分別し資源として再利用しています。
  • 牛乳パックのリサイクルについて
    • ごみの減量化・資源化をや児童生徒のリサイクル意識の啓発を図ることを目的として、学校給食用牛乳パックのリサイクルに取り組んでいます。
  • 大型生ごみ処理機による堆肥化
    • 中学校4校(瑞穂野中・国本中・清原中・豊郷中) に大型生ゴミ処理機を設置して給食残渣を堆肥化しています。



もどる