刑部城跡(おさかべじょうあと)

刑部城跡1 刑部城跡2
昭和32年6月3日宇都宮市指定史跡(していしせき)となりました。

宇都宮頼綱
(よりつな)の子,
頼業
(よりなり)から数えて6代目の横田安芸守師綱(よこたあきのかみもろつな)の二男
五郎兵衛尉良業(ごろうひょうえのじょうよしなり)が刑部(おさかべ)の地を治(おさ)め,
(しろ)を築(きず)き刑部(おさかべ)と名乗りました。
良業
(よしなり)の子刑部五郎左衛門業知(なりとも)が,
この城を継
(つ)いで宇都宮氏の家来となり知行三千石となったとされています。

数代のちの経貞
(つねさだ)
豊臣秀吉(とよとみひでよし)の朝鮮出兵ちょうせんしゅっぺい)に加わりましたが
1594年(文禄3年)に戦死(せんし)しました
宇都宮氏の滅亡(めつぼう)によって城(しろ)はなくなりましたが
刑部氏の子孫(しそん)その後もこの地で農業を営(いとな)みました

城は東西42m・南北95mの規模(きぼ)であったとされていますが
現在残っているものは
土塁(土手:どて)と塀(へい)に囲まれた
南北に連なる二つの曲輪
(くるわ:城の中の区切られた場所)だけです
 
現在も,地名に「堀の内」,屋号に「御城」などの名前が残っています

トップへ