ヒゲナガカワトビケラ 

幼虫(ようちゅう)

成虫(せいちゅう)

ヒゲナガカワトビケラの幼虫は,大きな石に小石を固めてすを作ります。

そこからうごくことはできないので,自分がはきだした糸であみをはり,流れてくるエサを引っかけてつかまえています。

イサゴムシ・ザザムシなどともいわれ,長野県の方では,つくだ煮(に)にして食べているそうです。

○トビケラのなかま

ウルマシマトビケラ

キタガミトビケラ